ホーム > 福住さと便り  > 「感謝と感動」ありがとう 福住小学校!  

「感謝と感動」ありがとう 福住小学校!   [ 地域振興情報 ]
投稿者: もな さん  投稿日時 2016-03-27 09:00
 
 3月27日(日)午前9時から、「福住小学校閉校式典」が開催されました。
 会場では、明治6年の開校以来、142年間の歩みがビデオ上映され、懐かしかった古い校舎や、二宮金次郎の銅像、校庭で遊ぶ児童の姿が印象的でした。
 式典の中で、酒井市長、前川教育長から、福住のみなさんの苦渋の英断で無事、多紀小学校を開校することができたことに対し、感謝の意が述べられました。
 中道校長からは『明治6年住吉神社内の篠山小学校後凋支校以来、142年間の伝統と歴史、約6千名の卒業生を輩出。昭和39年西野々分校を統合し新校舎竣工、平成22年耐震補強工事完了。また、昨年1年間は記念事業で地域のみなさんにご協力をいただいた。「感謝の大運動会」「ありがとうの集い」マラソン大会「ラストラン福住の街を走ろう」などなど、記念に残る1年間でした。本日の閉校記念式典を迎え、感無量、本当に感謝申し上げます。』とあいさつがありました。
 来賓として、林市議会議長、谷衆議院議員、小西県議会議員、山田PTA会長、森田福住地区自治会長会会長、また、歴代の校長先生方もご臨席いただきました。
 記念品贈呈では、中道校長から、6年生降矢怜奈さんへ。児童の言葉では、6年生中森柚花さんが、地域のみなさん、保護者、先生方への感謝とお礼や、多紀小学校で頑張っていく決意を力強く述べられました。
 最後に、出席者全員で校歌を斉唱し、「福住小学校」に最後の別れを告げました。

 142年間ありがとう、福住小学校!
メールアドレス
パスワード
新規登録はこちらから
パスワードを忘れた方