消費者金融超初心者 ガイド


アイフル


プロミス


SMBCモビット


消費者金融を利用する際の注意点とは

今すぐ現金が必要な時に手持ちがない時には、誰かから借りる必要があります。家族や友人から借りることができれば良いですが、その人たちに頼れない場合や、深夜や早朝のために今すぐ借りることはできないという時、頼りになるのが消費者金融です。
消費者金融というと敷居が高いと感じる人もいるでしょうが、最近はスマートフォンで簡単に審査ができ、1時間足らずという短時間で借り入れができる企業もあります。消費者金融でお金を借りる際に、注意しなければならないことがあります。
まず1つ目は、借り入れ限度額があることです。消費者金融では、法律で年収の3分の1までしか借り入れができないことになっています。例えば年収が300万円の人は100万円までしか借り入れができません。また、1社の消費者金融からすでに80万の借金がある状態で、新たに他社の消費者金融から借り入れできる金額は、20万までになります。
2つ目は、返済の目処を立てることです。消費者金融の企業によって、毎月返済できる最低金額が違います。いくらから返せるのか、全額返済するのにどのくらいかかるのか考えましょう。融資の申し込み審査の際に免許証などの個人を証明する書類を提出しますが、借金をすると個人の信用情報が登録されます。信用情報は、借り入れ者が過去の借金を滞りなく返済したかどうかが登録されます。たびたび消費者金融を利用するつもりであれば、審査に通るために毎月しっかりと返済期限を守る必要があります。
消費者金融初めての利用の場合は、金利ゼロ円で融資をしてくれる企業もあるため、そちらから試してみるのも良いでしょう。