無利息 おすすめ窓ロ

女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


プロミス


アイフル


SMBCモビット


認識不足とならないための知識

消費者金融業者を気軽に利用できる時代になったのは、ヤミ金問題があり、法の改正があったからでしょう。
消費者金融業者も、初めての借り手に対して優しいサービスを提供しています。
例えば、毎月元金に一定額の利息がつくのですが、「日割り」で計算してくれる消費者金融業者を選びましょう。
借り入れ残高に対して利用した日数分だけを計算してくれるなら、1日でも早く返す消費者が少なくありません。
消費者金融の実質年率は18.00%です。
それを踏まえて、例えば10万円を30日間利用したとすると、10万円×実質年率÷365日×30日という計算になります。
1日縮めるだけで元金に対する利息、1479円分を少なくできます。
ちなみに、貸付利率は大概3.00%~18.00%になっていますが、これは契約極度額に応じて適用されます。
契約極度額と適用金利は、たとえば、501万円~800万円で3.0%~4.7%、1万円~99万円で7.7%~18.0%などに設定されています。
高額融資となるだけ金利を抑えることができるシステムです。
また、消費者にとってトラブルになりがちなのが、契約から30日間の金利0円というサービスに対するトラブルが消費生活センターに寄せられています。
金利0円の期間が違ったという消費者が少なくないようですが、十分に調べてないが故の誤認識です。
サービスの対象条件を掲げていて、契約が初めての消費者に限定されていたり、無担保カードローンを対象とします。
金利0円の適用期間についても、「契約日」の翌日から30日間が適用期間であるのが一般的ですが、消費者は「借入日」の翌日からという認識でいるようで、注意しましょう。