キャッシング 厳選解析術【最新】


アイフル


プロミス


SMBCモビット


得をするための消費者金融選び

かつては、ローンといえばどの銀行、消費者金融で利用しても金利などの条件は基本的に同じでしたが、最近は商品内容も多様になり、金利などの条件面にも違いが見られるようになってきました。

同じタイプのローンでも、消費者金融機関によって0.5%程度の差がついていることもあります。
しかも、原則的には月初めに金利が変わるため、前の月にはコチラの消費者金融の金利が一番低かったのに、今月はアチラの消費者金融のほうが低いといった変化もあります。
わずか0.1%の違いでも、融資額によっては何百万、何千万円というローンですから、差は小さくありません。

ですから、まずはホームページやパンフレットで確認して利用できそうな消費者金融をピックアップしましょう。
銀行から融資された友人がいなくとも、民間融資となる消費者金融から借りた経験者というのは意外に多くいるようですから、話を聞いてみましょう。
その上で、実際に消費者金融の相談窓口に足を運んでみましょう。

各種の金利引下げが適用されるのか、実際の金利がどうなるのかは、その人の条件に照らし合わせないと分からないこともあります。
中には、それまでに訪問した消費者金融の条件を一覧表に整理して、次に訪問する消費者金融で「これより有利な条件の商品、借り入れはないか」と交渉する消費者もいるようです。
その際には、勤務先、年収や預貯金などの条件を可能な限り伝えるのが良いでしょう。
公務員や大企業の社員であれば、一般の人より金利が低くなることもあります。